こんにゃくを使ったさまざまな加工製品

こんにゃくと言えば板状や玉状のもののほか糸こんにゃくなど、昔ながらの食品が数多くあります。生のコンニャク芋から作られる食品で、どちらかと言えば脇役のイメージがありました。けれども現在はカロリーや糖質量の低さから、健康的でダイエットにもうってつけの食品として一躍注目を集めています。

 

おでんや鍋などの伝統的な食べ方以外にも様々な新しい加工品も登場し、上手に活用すれば糖質制限にもつながり美容と健康に効果が期待できる超ヘルシー食材です。

こんにゃくを使ったさまざまな加工品がつくられています

こんにゃく加工品

ダイエットにも効果が期待できる健康食材として、現在はこんにゃくを使った様々な加工品が数多く作られています。食事からのカロリー制限が必要な人にとってカロリーや糖質の低いこんにゃくの加工品は手軽にとれて最適ですが、いくら低カロリーでも毎日煮物やおでんばかりでは飽きてしまいます。そこで、これまではなかった新しい加工品が数多く作られるようになりました。

 

そんな加工品の一つにこんにゃくラーメンがあります。こんにゃく独特のにおいが抑えられており、食べごたえがあるこんにゃく麺を濃厚な味わいのスープと合わせて食べる為、普通の麺よりもカロリーは大幅にカットできるのに、満足度が高く腹持ちもいいのが特徴です。

 

原料にこんにゃくだけではなく、より本物の麺に近い歯ごたえなどを作り出すためにおからや雑穀などを加えて作られているものもあります。

 

普通の麺のように小麦や米を原料に使用しているものは糖質も多いのでダイエット中は制限することが多いのですが、こんにゃく芋を原料として作られている加工品は、糖質がとにかく低くてローカロリーなところ特徴です。その為スープにコクのある味わいのものを合わせても通常のラーメンよりもずっとカロリーが低く健康的な食品と言う事になります。

 

また、こんにゃくゼリーもお腹に優しくダイエットにもおすすめのスイーツです。普通のゼラチンで作るゼリーと比べるとコシが強くて噛み応えのあるものが多いです。しっかり噛む分柔らかなゼリーよりも食べごたえがあって満足感も得られるという仕組みです。

 

ただし、幼い子供や飲みこむ力の弱い高齢者などはのどに詰まらせる危険性も考えられるので要注意です。ダイエット中でも安心して食べられるおやつとして高い人気があります。

 

こんにゃく加工品の中には何とお米まであります。日本人にとって主食であるお米を太るからという理由で我慢するのはかなり苦痛に感じる人が少なくありません。

 

こんにゃく米はコンニャク芋を原料として作られたダイエットアイテムで、普通のお米と一緒に混ぜて炊くだけで、食べてもほとんど違和感が無くおいしく食べられるのが特徴です。

 

ご飯のカロリーを抑えるために刻んだ白滝を加えた場合と違い、ご飯のように冷凍してもおいしく食べられ、すでに加工されているものを炊くだけなので下処理の手間もいりません。

 

ただし、白滝よりは価格が高くなります。基本はお米に対して1対1の割合でブレンドして一緒に炊くだけです。味もにおいもクセが無いので、無理なく続けられるのが最大の魅力です。

まとめ

こんにゃくはローカロリーで健康的な食材だと言う事はよく知られています。ダイエットや糖質制限の為に利用する人が食べていて飽きることの無いように麺からスイーツ、ご飯に至るまでさまざまな加工品が工夫されています。

 

メーカーのたゆまぬ努力により現代人のニーズに合った様々な加工品は、食べても言われなければこんにゃくが原料だとは分からないくらいクオリティも高く、何よりも食べていておいしいものが多いのはとてもうれしいところです。

 

加工品が充実したことで、ストイックにダイエットを続けては挫折を繰り返した人でも、無理なく我慢せずにカロリーと糖質を抑えられるようになりました。スリムな体を維持し、美と健康の為にぜひ上手に活用したいものですね。

ページの先頭へ戻る